健康のための正しい浄水器の知識

浄水器と赤ちゃんの関係性

カラダに合う水とは

浄水器と赤ちゃんの関係性

浄水器と赤ちゃんの関係性

まず一つ目。赤ちゃんの唯一の食事のミルクです。ミルクを作るのに大切なお水。

赤ちゃんに水道水を与えるのは煮沸していてもやっぱり抵抗ありますし、

赤ちゃんはまだ完璧に体内の機能が出来上がっていないため、水道水は内臓などに負担がかかり

調乳用を使い下痢した例があるくらいです。

薬局などでは赤ちゃん専用のお水などが出ていますが、赤ちゃんを連れて買いに行くのは大変です。

ですが浄水器なら外に出なくても重い物を持って帰らなくても良く、水道水をそのまま使うわけではないので赤ちゃんにも

安心して使えます。

二つ目は、ミルクを卒業したあともお子様に飲み物を与える時、

ジュースだと虫歯が気になるのであまり与えたくないですよね。そこで麦茶を作ったりお水をあげる時があると思いますが、

いつものご家庭の水道水に浄水器を付けるだけでわざわざお水を買いに行く手間もはぶけ、手軽に安心なお水を飲ませられ

簡単に麦茶など作ってあげられます。

そして三つ目。子供はスグに口の周りや手など汚します。

最近では口の周りや手を拭いても大丈夫な専用のシートと言うのが売ってたりしますが、

無くなれば買い足さなくてはいけない為、安全であっても家庭の経済的には負担が大きいと思います。

そんな時にガーゼにお水を染み込ませて拭いてあげれば、安全面でもクリアでき、更に、何回でも使用出来るので

経済的負担もクリア出来ると思います。その他にもご飯の後の歯磨きの時、まだまだお口をゆすぐ事が出来ないお子様は

歯磨きの後に歯を拭いてあげなければなりません。こちらもお口の中を拭いても大丈夫なシートが売っていますが、

こちらもやっぱり経済的には負担があります。そう言った時もガーゼを買って置けば、浄水器のお水を含ませるだけでそのまま

拭いてあげれば何の不安もなく、歯を磨いた後に拭いてあげれますし浄水器のお水で拭くだけでも全然違います。

他にも色々ありますがお水は子供や大人に関係なく必ず必要な物です。

大事なお子様に安心、安全な物を与えたいと思い一つ一つ気になり不安になると思います。

そう言った悩みも浄水器一つで色々な面

の不安が取り除けると思います。置き場所を考える事もなく、いつもの水道水にプラスするだけなのでお子様が触って

危ない思いや余計な心配をする事が無くなり、親が安心して飲めない物は与えたくないですし親も安心して飲める物を我が子にも

あげたいですね。

オススメ記事