健康のための正しい浄水器の知識

 株式会社東和さんの浄水器でコーヒーがまるでお店のコーヒーに

コラム

株式会社東和さんの浄水器でコーヒーがまるでお店のコーヒーに

お店のコーヒーに

 

 

 

 

 

 

 

私はコーヒーが大好きでよく、コーヒーを飲みます。

特にドトールのコーヒーが好きで、朝は必ずといってもコーヒーを買って会社に出勤していました。

しかし、一番小さいサイズで220円、週5回買ったとして、一ヶ月で4,000円以上の出費です。

これは意外に家計にとって痛い出費です。

もちろん、色々なコーヒーメイカー等を試したのですが、これといったものがなく、悩んでいました。

浄水器という画期的なものを知るまでは、、、、

私も本当に目からうろこでした、、、浄水器でつくったコーヒーは今までのものと全く異なっていました。

ドトール以上とは言えないものの、大好きなコーヒーが安い豆でも美味しくなりました。

今までコーヒーが、あまり美味しくなかったのは、水道水が原因のようです。

それでは、なぜ水道水では美味しくないのでしょうか?

それは、殺菌のための塩素が含まれているからです。

塩素が含まれるとなぜ良くないかというとカルキだけでなく発がん性物質トリハロメタンが発生してしますからです。

水道水をそのままで飲むと美味しくないのはもちろん、健康にも良く無いことが分かっています。

もし浄水器もミネラルウォーターもない時は10分以上沸騰させるとよいです。

ただ私は、高性能な浄水器を使った方が手間が省けますし

安心な水を使う方が美容や健康にも良いと思ったので購入を決めました。

一番美味しくできるのは、シンプルにドリップだと思います。後、こだわるところはお水です。

軟水と硬水だけでもコーヒーの味は変わります。軟水は口当たりがまろやかで癖がありません。

硬水は口当たりが重く独特の風味がでます。

後はお湯の沸かしすぎに注意するとよいでしょう。沸かしすぎると二酸化炭素が蒸発してしまうので

コーヒーには向かないと言われています。なので沸騰から1分程度で良いと思います。

 

美味しいコーヒーのドリップのやり方は

ペーパーに入れた粉の周りからお湯はなるべく細く出した方が良いので出来ればドリップポットを使うと

いいです。そして美味しいコーヒーに大事な蒸らす事20秒程待って3回程にわけてお湯を回しいれます。

ゆっくりと焦らずお湯を注ぐことがポイントです。

 

次は今流行りの水出しコーヒーです。

私は水出しコーヒーなんて美味しいわけが無いと思っていましたが、

浄水器をつけてからなんだか挑戦してみたくなり、作ってみました。

水出しコーヒーは、一般的には4~6時間程度水に浸して抽出します。

豆の挽き具合は、中挽きから中細挽きが良いとされています。抽出時間は8時間程度ですがそれ以上長くする場合は

挽き具合を中挽きからやや粗挽きにしましょう。

抽出時間はあまり長すぎると、コーヒー豆から雑味が出てしまう事がるので、気を付けて下さい。

水出しアイスコーヒーは濃いめに作った方がいいです。

濃ければ水で濃度調節が出来ますが、薄いとどうにもなりません。

家にあるポットにちょうど良い豆の量が分かるまで何度か失敗しました。

今は流石に美味しい水出しコーヒーを作る専用ポットも販売されているので、

専用の物の方が失敗がなくてよいですね。

 

 

オススメ記事