健康のための正しい浄水器の知識

話題騒然、口コミで話題のエンビロンJとは

その他

話題騒然、口コミで話題のエンビロンJとは

エンビロンJ

 

最近、口コミで話題になっている、元付方式型の浄水器。
「エンビロンJ」について調べたいと思います。

こちらのエンビロンJはNissayという浄水器メーカーが出している浄水器で、
正規代理店は株式会社東和となっています。

まず、ご存知かと思いますが、元付型浄水器とは、給湯器や温水器に流水する前の配管に設置されるため、
飲料水はもちろん、お風呂やシャワーも綺麗な水を使うことができるのが、特徴の一つです。

蛇口一体型や取り付け型などは低温のお湯に対応しているものの、ほとんど水飲みを浄水しているだけで、
温水に対応しているものはないのです。

たったこの一台を導入するだけで、すべての生活用水が綺麗になるなんて素敵だと思いませんか。

▼対応範囲について

【飲料水】
そのままのお水はもちろん、常に綺麗なお水が流れ、
コーヒー、お茶にもご利用いただけます。
毎日がカフェでいれたような、コーヒーが楽しめます。

【台所】
料理の調理や、お米の研水としてもご利用いただけます。
浄水されたお水を料理に使うことによって、一段と美味しい料理を作ることが可能です。
お米についてはふっくらするようになり、家庭でとても喜ばれています。
【お風呂・シャワー】
塩素を取り除いたお湯を湯船にもシャワーにもご利用になれます。
一日の疲れをリフレッシュしましょう。

【トイレのウォシュレット】
ウォシュレットでは、デリケート部分にも綺麗なお水を利用でき、清潔にすることができます。

【洗濯】
洗濯についても、綺麗なお水を使用すべきです。
個人的には利用してから洋服もいくらか持ちがよくなった気がします。
浄水されたお水がすべて使えるなんて夢のようです。

通常ミネラルウォーターは500Mlで100円はしますから、経済効果に換算しても大きなメリットが見込めるのです。
スケールやスライム(錆となる元)を徹底的に抑え、給湯器、温水器をトラブルから守る。

皆さんは、給湯器のお手入れは実施していますか。
新築から5年が経てば、給水管内には錆が多く発生しています。
こちらのケアをしているマンション管理もあれば、ずっと放置されているような場合もあります。

腐食し、赤水が出たりすると、水量の低下を招きます。
最近、水が出にくくなったりしていませんか。それは配管が出している助けてサインなのです。

どうして錆が発生するのかご存知でしょうか。
それは、減菌するための塩素が原因なのです。お水は減菌できていいのですが、金属にとっては非常に良くなく、
腐食作用をもたらします。
錆が入った水は、赤ちゃんにとっては非常に危険ともいえます。
もちろん大人にとってもです。

ただ、配管工事をして新しくしたとしても、常に錆に侵食されるリスクと隣合わせです。

この、水のトラブルを引き起こす元凶となる錆を徹底的に抑える、「エンビロン」の導入を検討してはいかがでしょうか。

エンビロンJの構造について

高性能フィルターを搭載した「エンビロン」は様々な効力をもたらします

クラレケミカル社製高性能フィルター
嫌な臭いを抑え、塩素を取り除くことが可能なフィルターを搭載。
3つの活性炭を採用し、トリプルの吸着効果を生み出します。

3つの活性炭をご紹介

  1. 粒状活性炭
    (クラレコール)
    発がん性物質であるトリハロメタンを吸収。
    安全な美味しいお水を生成します。
    米国で認証を受けている材料を使用しているため、安心安全な品質です。
  2. 抗菌活性炭
    食品添加物きアックの適合品。バクテリアの増加を抑制。
  3. 鉛対応活性炭
    水道水質基準強化に対応。
    鉛除去用として上水道を綺麗にする役割があります。

活性炭プラスαの作用、セラミックス2種類をフィルター成型時に練りこんでいます。

  • ゼオライトセラミックス
    カルシウム、マグネシウム等、たくさんのミネラルが含んでいます。
    化粧品や胃腸薬としても採用されるケースが多く見られます。
  • 遠赤セラミックス
    水の分子を活性化する動きがあります。
    医療、健康産業での応用例が多く見られており、一説では遠赤外線はがん予防にもなると言われています。
  • 麦飯石セラミックス
    多孔質の表面で、薬石として昔より珍重されていました。
    ミネラルが溶け出し、水を中性に近づける作用があります。

以上が調べてみてわかった「エンビロン」の魅力です。
省令101号の水道基準に適合したり、耐圧性能試験にも合格しているのです。

もっと知りたいって方は、ぜひ株式会社東和様に問い合わせして見てください。
担当の方が丁寧教えてくれます。

オススメ記事