健康のための正しい浄水器の知識

妊婦中の水分摂取の重要性

カラダに合う水とは

妊婦中の水分摂取の重要性

 

水の重要性

 

 

 

 

 

 

妊娠中は水分摂取がとても大切です。妊娠初期は特につわりやなどで食欲が半減することもあります。

妊娠中は運動制限があったり、つわりで栄養不足になってしまう事で便秘になりがちです。水分をとる事で便秘解消になります。

お水をたくさん飲むことでむくみ予防にもなりますし、血液のめぐりが良くなれば胎盤を通して赤ちゃんに良い栄養が行きます。

母体と赤ちゃんと水は大切な関係があります。

妊娠中の女性はお腹の赤ちゃんの分も合わせて考えなければいけませんから、少し多めに飲むと良いでしょう。

そしてこの羊水をキレイにするのもまた水です。妊娠しても、羊水のことはあまり考えない方が多いようですが

お腹の赤ちゃんの肺は羊水で水浸しです。

赤ちゃんは羊水を飲み、おしっことして排泄しています。赤ちゃんが飲む羊水ですからきれいにしたいですね。

妊娠中に甘い砂糖のたくさん入ったジュース、炭酸飲料などを「多量」にとれば羊水は汚れてしまいます。

最近アトピーの子供が多い原因にも羊水の汚れが関係していると言われています。

塩分の取りすぎにも十分注意しましょう。飲み物はもちろん食べ物も羊水に影響してきます。

赤ちゃんは母体の中で8カ月位になると味覚が発達してくるので、お母さんが塩分を取り過ぎてしますと

しょっぱい羊水になってしまいます。お菓子やファストフードなども羊か水にはあまりよく無いので

食べ過ぎには注意しましょう。

正し、妊娠してからあれもダメこれもダメとなるとストレスが溜まります

妊婦にとってストレスは重要になります。

極度のストレスを受けた時に分泌されるホルモンの影響はとても胎児に良く無いと言われています。

ホルモンバランスが急激に乱れるため、気分の変動が普段よりも激しくなります。

ストレスによってコルチゾールという副腎皮質ホルモンが母体で過剰に分泌され、胎盤を通して胎児に届いてしまいます。

妊婦にとってストレスは天敵です。飲みたいものを我慢する、食べた物を我慢する事も十分なストレスになります。

ジュースが飲みたい時などは少量にするか、100%のものにするとか工夫をしてストレスのないように

して下さい。

母乳の良し悪しを決めるのも水、質の良い水を飲めば母乳の質も良くなります。

母乳は80%以上が水であることから、母体が口にする水の質で決まる事が多いということになります

高機能の浄水器であれば安心安全なお水をとる事ができます。

オススメ記事