健康のための正しい浄水器の知識

食べられない事よりも飲めない方が大変。妊娠中の水分補給

カラダに合う水とは

食べられない事よりも飲めない方が大変。妊娠中の水分補給

妊娠中の水分補給

 

 

 

 

 

 

妊婦さんに1番大事と言ってもいいほどの水分。なぜ水分が大事かと言うと、

妊娠中は赤ちゃんが入ってる羊水と言うのが体内に作られ、その羊水に水分が必要となります。

羊水とは、つねに産生され吸収で入れ替わっていてお腹の中の赤ちゃんの体温管理をしてくれるほど妊娠中にはとっても大きな役割を果たします。

そんな羊水を健康的に、そしてキレイに保つ為には妊婦さんはいつもより多めの水分補給が必要となり目安ではありますが、

1日最低2リットルのお水を飲んだ方が良いとされています。

それほど大事な水分ならば美味しくてお腹の中の赤ちゃんにも安全な水分を取りたいですよね。

ですが、妊娠中はカフェインやアルコールはダメですし甘い飲み

物ばっかりだと体重の増加などデメリット部分が沢山あります。

なので水道水ならと思いますが水道水は妊婦さんにあまりオススメは出来ません。

簡単に説明すると水道水は基準を満たすためには滅菌・消毒をするために塩素と言うのが必要になって

それは家庭の蛇口に出るまで残りその塩素が体に良くないとされてます。

では一体どうすればいいのか。

それは浄水器です。

浄水器を使ったお水なら美味しくて何の心配もなく、

むしろ安全に水分を取る事が出来ますよね。胃に負担がかかる飲み物が多い中、

浄水器のお水は胃に負担がかからず、水分補給に最適です。その他にも重い物を持ったり

無理してはいけない妊婦生活。サーバーなどが流行していますが、1人の時にお水が無くなった場合です。

そんな時重いお水を運ばなければいけませんがリスクが大きすぎますし、とても危険です。

ですが浄水器なら大変な思いする事もなく、いつでも簡単に美味しいお水が飲めます。

特に東和さんが提供する浄水器はとても良い物です。他の記事にも記載していますが、浄水器が全て良いというわけではありません。

それぞれの用途に適した浄水器を選んで、導入することが大切ですし、そもそも数や種類が多くて混乱してしまうかもしれません。

 

そんな時はネットの情報ももちろんですが、プロの聞くことが一番です。

株式会社東和はどんな質問も答えてくれますし、質問したから必ず契約しなければいけない訳ではありません。

是非、興味があれば聞いて見て下さい。

 

オススメ記事